FC2ブログ
猫とワタシ

おと と おと と

~ピアニスト朴令鈴*音音(おとね)工房~

この記事のみを表示する冬の旅 17

リート:シューベルト

Franz Schubert シューベルト
Winterreise D911 「冬の旅」より
17.Im Dorf 村にて

Wilhelm Müller ミュラー

Es bellen die Hunde, es rascheln die Ketten;

犬どもが吠え、鎖が音を立てる
Es schlafen Die Menschen in ihren Betten,
人々はベッドで眠っている
Träumen sich manches, was sie nicht haben,
自分たちの持たない物を、いろいろ夢見ていて
Tun sich im Guten und Argen erlaben;
いい事も悪い事も彼らを元気づける

Und morgen früh ist alles zerflossen.
それも早朝にはすべて流れ去ってしまう
Je nun, sie haben ihr Teil genossen
まあ、それなりに楽しんだんだ
Und hoffen, was sie noch übrig ließen,
そして望むのさ、まだ残しておいたものを
Doch wieder zu finden auf ihren Kissen.
また枕の上で見つけようと

Bellt mich nur fort, ihr wachen Hunde,
もっと強く吠えるがいい、眠らぬ犬どもよ
Laßt mich nicht ruh'n in der Schlummerstunde!
このまどろみの時に私を休ませるな!
Ich bin zu Ende mit allen Träumen.
私はすべての夢を見尽くしたんだ
Was will ich unter den Schläfern säumen?
眠ってる奴らのもとでぐずぐずしていられるものか
スポンサーサイト



コメントの投稿

secret

こんにちは。こんにちは。

お久しぶりです。

お元気そうでなによりです^^。

「冬の旅」が始まっていたのですね!

あまりリートを聴くほうではありませんが、

この曲だけは秋に入ると、針を落とす一枚です。

ヘルマン・プライの盤ですが、古いですね^^。

この訳詞を拝見して、また無性に聴きたくなりました。

ありがとうございますありがとうございます

NANTEI様

ご無沙汰しておりました。NANTEIさんもお変わりないご様子で何よりです。
冬の旅、全曲は初挑戦です。なかなかに奥の深い作品です。
(研究者が多くて資料も多すぎて読み切れない・・・^^;)
私もプライの映像をYoutubeで観ています。若かりしドイチュの伴奏です。
それにしても暑い長い夏でしたが、それでも秋が来て冬が来るんですね・・・

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)