FC2ブログ
猫とワタシ

おと と おと と

~ピアニスト朴令鈴*音音(おとね)工房~

この記事のみを表示する美しき水車小屋の娘 18

リート:シューベルト

おと と おと と vol.5  
シューベルト歌曲集シリーズ 「美しき水車小屋の娘」
水車小屋
7月13日 14時開演 sonorium
(井の頭線・永福町)  
バリトン:大沼徹  ピアノ:朴令鈴
チケット:3,500円 
(チケットお申し込みは 音音(おとね)工房 otonekobo@gmail.com まで)



Franz Schubert シューベルト
Die schöne Müllerin op. 25, D. 795 「美しき水車小屋の娘」
Trockne Blumen 萎れた花
Wilhelm Müller ミュラー

Ihr Blümlein alle,
Die sie mir gab,

彼女がくれた
君ら花々をみんな
Euch soll man legen
Mit mir ins Grab.

僕と一緒に墓に
入れてくれなければならない。

Wie seht ihr alle
Mich an so weh,

君らはみな僕を
なんて悲しそうに見つめるんだい、
Als ob ihr wüßtet,
Wie mir gescheh?

まるで僕に何があったのかを
知っているかのように。

Ihr Blümlein alle,
Wie welk, wie blaß?

君ら花々はみな、
なんて元気なく青ざめているんだい?
Ihr Blümlein alle,
Wovon so naß?

君ら花々はみな
なぜそのように涙する?

Ach, Tränen machen
Nicht maiengrün,

ああ、涙が
5月の緑をもたらすことはない、
Machen tote Liebe
Nicht wieder blühn.

死んだ愛が
再び花開くことはない。

Und Lenz wird kommen,
Und Winter wird gehn,

春はまた来て、
冬は過ぎ行くだろう、
Und Blümlein werden
Im Grase stehn.

そして花々は
草の間に咲き出でるのだ。

Und Blümlein liegen
In meinem Grab,

花々は僕の墓に眠っている
Die Blümlein alle,
Die sie mir gab.

彼女が僕にくれた花はみな。

Und wenn sie wandelt
Am Hügel vorbei

彼女が歩いて
丘を通る過ぎる時に
Und denkt im Herzen:
Der meint' es treu!

心の中で考える、
彼は誠実だった、と!

Dann, Blümlein alle,
Heraus, heraus!

そしたら花々よ、咲き出でよ!
Der Mai ist kommen,
Der Winter ist aus.

5月は来て、冬は終わるのだ。


スポンサーサイト



この記事のみを表示する美しき水車小屋の娘 17

リート:シューベルト

おと と おと と vol.5  
シューベルト歌曲集シリーズ 「美しき水車小屋の娘」
水車小屋
7月13日 14時開演 sonorium
(井の頭線・永福町)  
バリトン:大沼徹  ピアノ:朴令鈴
チケット:3,500円 
(チケットお申し込みは 音音(おとね)工房 otonekobo@gmail.com まで)


Franz Schubert シューベルト
Die schöne Müllerin op. 25, D. 795 「美しき水車小屋の娘」
Die böse Farbe 嫌いな色
Wilhelm Müller ミュラー

Ich möchte ziehn in die Welt hinaus,

僕は外の世界に出たい
Hinaus in die weite Welt;
外の広い世界へ、
Wenn's nur so grün, so grün nicht wär,
もしせめて、こんなにもこんなにも緑でなかったら
Da draußen in Wald und Feld!
外の森や野原が!

Ich möchte die grünen Blätter all
僕は緑の葉をすべて
Pflücken von jedem Zweig,
枝という枝から摘み取ってしまいたい、
Ich möchte die grünen Gräser all
僕は緑の草をすべて
Weinen ganz totenbleich.
涙ですっかり枯らしてしまいたい。

Ach Grün, du böse Farbe du,
ああ緑、忌まわしい色、
Was siehst mich immer an
なぜいつも僕を見つめる
So stolz, so keck, so schadenfroh,
そうも自慢げに、生意気に、意地悪く
Mich armen weißen Mann?
この哀れな白い男を?

Ich möchte liegen vor ihrer Tür
僕は彼女の戸口に突っ伏していたい
In Sturm und Regen und Schnee.
風の日も雨の日も雪の日も。
Und singen ganz leise bei Tag und Nacht
そして昼も夜もひっそりと歌うんだ
Das eine Wörtchen: Ade!
この一つの言葉を、「さようなら!」

Horch, wenn im Wald ein Jagdhorn schallt,
ほら、狩の角笛が森に鳴り響く時
Da klingt ihr Fensterlein!
彼女の窓が開く音が鳴る。
Und schaut sie auch nach mir nicht aus,
彼女は僕など目にもくれないが、
Darf ich doch schauen hinein.
ぼくは中を窺うことができる。

O binde von der Stirn dir ab
おお、君の額からほどいてしまえ
Das grüne, grüne Band;
その緑の、緑のリボンを。
Ade, ade! Und reiche mir
さようなら!僕に差し伸べて、
Zum Abschied deine Hand!
別れのしるしに君の手を!

この記事のみを表示する美しき水車小屋の娘 16

リート:シューベルト

おと と おと と vol.5  
シューベルト歌曲集シリーズ 「美しき水車小屋の娘」
水車小屋
7月13日 14時開演 sonorium
(井の頭線・永福町)  
バリトン:大沼徹  ピアノ:朴令鈴
チケット:3,500円 
(チケットお申し込みは 音音(おとね)工房 otonekobo@gmail.com まで)


Franz Schubert シューベルト
Die schöne Müllerin op. 25, D. 795 「美しき水車小屋の娘」
Die liebe Farbe 好きな色
Wilhelm Müller ミュラー

In Grün will ich mich kleiden,

僕は緑色に身をまといたい
In grüne Tränenweiden:
しだれ柳の緑色
Mein Schatz hat's Grün so gern.
僕の恋人は緑が大好きなんだ
Will suchen einen Zypressenhain,
糸杉の森を探しに行こう
Eine Heide von grünen Rosmarein:
緑のローズマリーの野原を、
Mein Schatz hat's Grün so gern.
僕の恋人は緑が大好きなんだ。

Wohlauf zum fröhlichen Jagen!
さあ楽しい狩に行こう!
Wohlauf durch Heid' und Hagen!
さあ野や森を抜けて進もう!
Mein Schatz hat's Jagen so gern.
僕の恋人は狩が大好きなんだ。
Das Wild, das ich jage, das ist der Tod;
僕の追う獲物、それは「死」であり、
Die Heide, die heiß ich die Liebesnot:
その荒野を僕は愛の悲境と呼ぼう
Mein Schatz hat's Jagen so gern.
僕の恋人は狩が大好きなんだ。

Grabt mir ein Grab im Wasen,
芝生にわが墓を掘り
Deckt mich mit grünem Rasen:
緑の芝生で僕を覆ってくれ
Mein Schatz hat's Grün so gern.
僕の恋人は緑が大好きなんだ。
Kein Kreuzlein schwarz, kein Blümlein bunt,
黒い十字架もなく、色鮮やかな花もなく
Grün, alles grün so rings und rund!
緑、すべて緑であたり一面を覆ってくれ!
Mein Schatz hat's Grün so gern.
僕の恋人は緑が大好きなんだ。