FC2ブログ
猫とワタシ

おと と おと と

~ピアニスト朴令鈴*音音(おとね)工房~

この記事のみを表示するジプシーの歌⑦

リートその他

Antonín Leopold Dvořák アントニン・ドヴォルザーク
Zigeunermelodien ジプシーの歌 Op.55
Adolf Heyduk  ヘイドゥク

7.Darf des Falken Schwinge

Darf des Falken Schwinge
Tatrahöh'n umrauschen,
Wird das Felsennest er mit
Dem Käfig tauschen.


鷹の翼はタトラの峰を
羽ばたくことが許されるのに
岩山の巣を
鳥かごと交換するだろうか

Kann das wilde Fohlen
Jagen durch die Heide,
Wird's an Zaum und Zügel
Finden seine Freude.


野生の仔馬は
荒野を駆け抜けることができるのに
くつわと手綱につながれて
喜びを見出すだろうか

Hat Natur Zigeuner
Etwas dir gegeben,
Jah! Zur Freiheit schuf sie mir
Das ganze Leben.


ジプシーの気質が
何をかをお前に与えた
そう!それが私の人生に
自由をもたらすのだ


スポンサーサイト



この記事のみを表示するジプシーの歌⑥

リートその他

Antonín Leopold Dvořák アントニン・ドヴォルザーク
Zigeunermelodien ジプシーの歌 Op.55
Adolf Heyduk  ヘイドゥク

6.In dem weiten,breiten

In dem weiten,breiten,
Luft'gen Leinenkleide
Freier der Zigeuner
Als in Gold und Seide!


ゆったりした幅広の
風通しの良い麻の衣服が
ジプシーはより自由さ
金や絹よりも

Jaj! der gold'ne Dolman
Schnürt die Brust so enge,
Hemmt des freien Liedes
Wanderfrohe Klänge.


そうさ、黄金の外套は
胸をきつく締めつけ
朗々と響き渡る
自由な歌を妨げるのだ

Und wer Freude findet
An der Lieder Schallen,
Lässt das Gold,das schöde
In die Hölle fallen!


歌の響きに
喜びを見出す者は
つまらぬ金など
地獄にくれてやる!

この記事のみを表示するジプシーの歌⑤

リートその他

Antonín Leopold Dvořák アントニン・ドヴォルザーク
Zigeunermelodien ジプシーの歌 Op.55
Adolf Heyduk  ヘイドゥク

5.Reingestimmt die Saiten!

Reingestimmt die Saiten!
Bursche tanz' im Kreise!
Heute froh,und morgen?
Trüb' nach alter Weise!

弦の調子を整えて
若者よ輪になって踊れ!
今日は愉快に、では明日は?
古の歌にあるように心沈むだろうか

Nächster Tag’ am Nile,
An der Väter Tische,
Reingestimmt die Saiten,
In den Tanz dich mische


次の日はナイルのほとりで
先祖たちの食卓の傍らで
弦をととのえよ
踊りの輪に加わりな

この記事のみを表示するジプシーの歌④

リートその他

Antonín Leopold Dvořák アントニン・ドヴォルザーク
Zigeunermelodien ジプシーの歌 Op.55
Adolf Heyduk  ヘイドゥク

4.Als die alte Mutter

Als die alte Mutter
mich noch lehrte singen,
Tränen in den Wimpern
gar so oft ihr hingen.


年老いた母が
私に歌を教えてくれたとき
涙がまつげに
いつも掛かっていた

Jetzt wo ich die Kleinen
selber üb' im Sange,
rieselt's mir vom Auge,
rieselt's oft mir auf die braune Wange


いま私が子供に
自ら歌を教えると
眼から涙がこぼれる
私の褐色の頬を涙が流れる


曲集中もっとも有名な「母の教えたまいし歌」の名で知られる歌です。

この記事のみを表示するジプシーの歌③

リートその他

Antonín Leopold Dvořák アントニン・ドヴォルザーク
Zigeunermelodien ジプシーの歌 Op.55
Adolf Heyduk  ヘイドゥク

3.Rings ist der Wald so stumm und still

Rings ist der Wald so stumm und still,
das Herz schlägt mir so bange;
der schwarze Rauch sinkt tiefer stets,
und trocknet meine Wange


森の周りは音もなく静かで
私の胸は不安に高鳴る
黒い煙が深く沈みゆき
私の頬を乾かす

Ei,meine Tränen trocknen nicht,.
Musst and're Wangen suchen!
Wer nur den Schmerz besingen kann,.
Wird nicht dem Tode fluchen.


いや、私の涙は乾かない
別の頬を探すんだな
悲しみを歌にできる者は
死を呪うことはない