FC2ブログ
猫とワタシ

おと と おと と

~ピアニスト朴令鈴*音音(おとね)工房~

この記事のみを表示するヤナーチェク

未分類

台北公演でお世話になった東京交響楽団の定期演奏会を聴きに行きました。

ヤナーチェクの歌劇「ブロウチェク氏の旅」日本初演

久しぶりにサントリーの大ホール!
若い頃は(本当に若い高校、大学時代です)よく通ったんですけどね。
やっぱり素敵なホールだな。あ、でも「カラヤン広場」っていうのはせめてフォント変えて欲しい。

それはともかく・・・

ヤナーチェクは音楽がいい
3回くらい睡魔に襲われましたが、オケも歌も合唱も素晴らしい演奏だったのではないかと思います。
舞台手前にオケが載って、舞台後方に台を組んで歌い手が演じ、後ろのP席に合唱団。

楽屋を訪ねると、桐朋の後輩が「ここのオーボエ奏者になりました!」と嬉しい再会
台北でお世話になったオケのピカチューご夫妻(意味分かんないとおもいますが敢えて)や合唱団団長にもお会いでき、日本人ソリストさんも大役果たし嬉しそうでした。

もう一人お会いできた方がいまして…
↓これを作って売ってらっしゃいました。
ヤナーチェク

すごい!解説から原文と訳詞が載っています。
ほかにも「利口な女狐」、「イェヌーファ」、「マクロプロスの秘事」、ヤナーチェク声楽曲対訳全集などが出版されているようです。
日本ヤナーチェク友の会

演奏家にとって本当にありがたいお仕事です。
こういう資料があってこそ、確信を持って演奏に臨めるというものです。そうあるべきです。そう努力いたします。そうじゃなかった事も多々あるけど。ごめん。

たくさんの方にお会い出来て、とってもウキウキした一日でした。
スポンサーサイト



コメントの投稿

secret

感想を書き上げました。オペラの感想を文字にするって難しいものですね。

http://kunstlied.blog23.fc2.com/blog-entry-745.html

ISATT様
本を先に読んでおけばもっと楽しめたかな、と思います。前半は話がよくわからなくて睡魔が…でも音楽に起こされました。歌曲も是非弾いてみたいです。(歌ってくれる方が必要ですが!)

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)