FC2ブログ
猫とワタシ

おと と おと と

~ピアニスト朴令鈴*音音(おとね)工房~

この記事のみを表示する日本歌曲

訳詩その他

今日は上野公園内にある奏楽堂で日本歌曲の演奏会でした。

チラシ

4日間のガラコンサート最終日にふさわしい、すごい方々がご出演されましたが、圧巻はなんといっても御年89になられる栗本尊子先生の演奏でした!(伴奏は塚田佳男先生)
山田耕筰曲、北原白秋詩の「AIYANの歌」全曲を歌われましたが、高音のハリも素晴らしいし、シンプルに歌われている中になんとも云えない情緒が漂う演奏でした。
すごい方です


さて今日の一曲、
「AIYANの歌」から”気まぐれ”

逢ひげ来たちの
日の照り雨がふるわいな
Odan mo iya, Tinco Sa!

しゃりむり別れたそのあとで、
未練な牡丹がまたひろく。
Odan mo iya, Tinco Sa!


白秋の故郷である柳河方言で書かれているので、わかりにくいですが、

あんたがあたしに逢いにきたんだって・・・珍しいこと、お天気雨がふるわね。
あら厭だよ、まあ!
むりやり別れたその後で、未練がましく情が燃える。
あら厭だよ、まあ!
(Odan=私、Tinco Sa!=感嘆詞)

といった内容です。
さすが白秋、色っぽいです 


さて今日のしめは少し下世話な話。
このTinco Sa!ってなんて読めばいいの!?
ご想像通り、チンコサ~、と読まねばなりませぬ。(あ~書くのも恥ずかしい…)

あまりはっきり歌うと、演奏者も聴衆も恥ずかしいので、上手に誤魔化すべきでしょう。
ごまかし方はある有名な日本歌曲のスペシャリストから教わったので、
知りたい方は私に伴奏してもらいましょう
スポンサーサイト



コメントの投稿

secret

くいついてしまいました。
30日宜しくお願いしまーす。

一番にくいつきましたね。30日はハードスケジュールなので、お手柔らかにお願い致します。

拍手~~~~!!拍手~~~~!!

栗本尊子先生!ほんとうに素晴らしいですよね。私いつも勇気と希望をいただきます。人間きちんと軌道修正していけばいくつになっても歌えるって!お互いがんばろう!アッりんりんはまだまだ若いけど(笑)

初コメントです。
本当に豪華なメンバーによるコンサートでしたよね。
りんりんさんも多くの方々のピアノ伴奏、本当にお疲れさまでした!

みきびっち様
いやいや、まずは軌道を確保せねば・・・!やりたい事はいっぱいあります。頑張りましょう!


Kei様
初コメありがとうございます!思った以上に緊張してたようで起きたら腰からしたぱんぱんでしたe-258
今度は共演できますように!

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)